NEWS

【メディア掲載】「寒ざらし丹生そば ネットで限定販売」(北國新聞 2020.5.12)

珠洲市狼煙(のろし)町横山地区の住民でつくる横山振興会は、冬に川の水でさらす「寒ざらし」の工程を経た同地区在来種のソバ「丹生(にふ)そば」を使った生めんを100食限定でインターネットを使って販売する。

振興会によると、寒ざらしをするとソバから雑味が抜けて甘みが際立つとされる。重労働のために生産量が少なく、地区内で消費してきたが、今年はコロナ禍の中、多くの人に食べてもらって元気を出してほしいと販売に踏み切った。

道の駅狼煙の協力を得て同所のオンラインショップに出品する。価格は4食で1800円、6食で2600円。丹生そばを生産する二三味農産の二三味義春さんは「家族や親しい人と自宅で味わってほしい」と話した。

引用元:『寒ざらし丹生そば ネットで限定販売 珠洲・横山振興会』(北國新聞 2020.5.12)